名刺の歴史は奥深い

ビジネスツールとして定番の名刺。今では当たり前のように使われていますが、その歴史はとても古いことをご存じでしょうか?

名刺の起源を知る

名刺の起源は中国とする説がもっとも有力です。当時「刺」と呼ばれていた木製の札に氏名書き、訪問先に訪れたことを知らせる目的で使用されていました。現在の不在通知のような役割です。「名前を刺す札」ということから名刺という名称が生まれたのではないかと考えられています。

中国からヨーロッパへ

名刺ははじめ、不在通知の意味合いが強かったのは世界共通のようです。16世紀ヨーロッパで名刺が初めて使われたとされるドイツでも、刺と同じような使い方が主流でした。もっとも刺の文化は中国からヨーロッパへ伝わったとされているので、当然といえば当然です。

そして18世紀に入ると社交界文化が発展していたヨーロッパでは、名刺交換がマナーとして定着していきます。最初はトランプの裏に名前を書いたものが主流でしたが、徐々に名刺として専用のカードを作る文化が形成されていきます。銅板画による華やかな図柄や、19世紀に入ると写真入の名刺まで登場しています。

日本での名刺の始まり

世界各地に名刺の文化はありますが、日本に伝わったのは江戸時代ごろだとされています。
当時は中国の刺と同じような使い方が主流で、和紙に墨で名前を書いたものがほとんどだったようです。幕末のころには西洋から印刷技術が伝わり、現在の名刺により近いものになっていきます。

明治時代以降は社交界で欠かせないアイテムとなり、上流階級のたしなみとして名刺交換はマナーとなっていたようです。

いつの時代も名刺は、大きな役割を担っている重要なアイテムでした。現在でも、昔と使い方は違っても、ビジネスシーンに欠かせない必須アイテムです。

弊社では、名刺をデータ入稿で注文していただければ両面フルカラー100枚をワンコインで印刷できます。名刺以外にも、ショップカードや診察券、会員カードなども格安で印刷致します。用紙はコート系、マット系、両面ラミネート加工用紙からお選びいただけます。
印刷に関することなら、是非弊社にお任せください。毎日、激安価格で名刺を提供しております。ビジネスパーソンのお力添えとなるのではないでしょうか。

※輸入商材となるため納期確約はしておりません。余裕を持ってご注文ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です