名刺交換のキホンをおさらい

ビジネスシーンで必ずといってよいほど行われる名刺交換。当たり前のことだからこそ、名刺交換の基本を知っておくことが大切です。

名刺交換の大切さ

名刺交換は一瞬で終わりますが、そのときに相手に与えた印象は長く続きます。基本的なマナーがなっていないと相手にマイナスの印象を与えてしまう為、ビジネスチャンスを逃しかねません。
ビジネスチャンスを逃さない為にも、名刺交換のマナーを知っておきましょう。

名刺は大切に

名刺はいわば、持ち主の分身です。渡す名刺は綺麗なものを、渡された名刺は相手だと思って大切に扱いましょう。ものを大切に扱う気持ちを持つことで、自然と正しいマナーが身につき、相手によい印象を与えることができるはずです。

名刺交換の流れ

渡す順番

1対1で交換をする際は、基本的に目下の方から渡します。複数人で行う場合は、自社内の目上の方から渡すのが正しい流れです。

渡し方

渡す手の正しい位置は、胸の高さです。名刺を片手で持ち、片方の手を添え名前を相手の方に向けて渡します。相手も同時に名刺を差し出した場合は、右手で名刺を差し出し左手で相手の名刺を受け取りましょう。

相手が名刺を受け取り次第、右手を自分の名刺に添えます。ご自身が目下の場合は、相手の差し出した高さより下の位置で差し出すのがマナーです。渡す際は、軽くお辞儀をして社名と名前を名乗って挨拶をしましょう。

受け取り方

相手の方の名刺をいただいたら、お辞儀をして「ありがたく頂戴致します」と伝えます。
受け取ったら、ご自身の胸より高い位置に持ち目を通してください。このとき、名前の読み方が分からければ尋ねておきましょう。「失礼ですが、お名前はなんとお読みするのでしょうか?」などの言葉が適切です。

しまうタイミング

テーブルがある場合は、腰掛けたときにテーブルの上に名刺を置きます。名刺入れの上に乗せておくとなおベターです。複数人から同時に名刺を受け取った場合は、一番位の高い方を名刺入れに乗せ、あとは座席順に沿ってテーブルに並べます。

名刺をしまうという動作は商談を終える合図ととる方もいますので、商談が終了し席を立つときに一礼し名刺入れにしまうとよいでしょう。テーブルの上に書類が広がり、名刺を置くスペースがない場合は「失礼します」と一声かけてから名刺をしまいます。

上記では一般的なマナーをご紹介しましたが、名刺交換の正しい方法は状況によって変わります。ケースバイケースで臨機応変に対処するとよいでしょう。

ビジネスシーンで多く使われる名刺を格安で印刷するなら、是非弊社をご利用ください。
弊社では名刺やショップカード、診察券など様々なカードを格安で印刷しています。
両面フルカラーやモノクロなどのオフセット印刷も驚きのワンコインで承っております。是非お気軽にお問い合わせください。

データ入稿はPDF、イラストレーター形式を受け付けております。また、データのない方でも便利なデザインテンプレートをご用意しております。詳しくは正規提携店のホームページをご覧ください。

※輸入商材となるため納期確約はしておりません。余裕を持ってご注文ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です