名刺もショップカードも両面フルカラーがお勧め

相手に見せる機会が多い名刺やショップカードは、表現力やデザイン性も意識して作成しましょう。印象的な名刺・ショップカードを作るなら、両面フルカラー印刷がおすすめです。こちらでは、フルカラーにすることで得られるメリットをご紹介します。

表現力が豊かになる

ショップカード,エッグセレント
カラーと白黒では、表現力・見栄えのよさ・情報量と、さまざまな面でその差に開きがあります。名刺やショップカードはモノクロ印刷で作ることも可能ですが、フルカラーと比較すると印象が弱い面は否定できません。名刺がビジネスシーンにおける自己紹介ツールであることを考えれば、デザイン性にこだわる視点も大切です。

例えば、企業のシンボルカラーを名刺のデザインに取り入れる方法はどうでしょうか?色が入るだけで名刺が与えるインパクトは変わり、会社のイメージアップにもつながるでしょう。自分の好みや感性など、色選びの基準はさまざまですが、色のチョイスに迷ったら会社のシンボルカラーや商品のイメージカラーをベースにデザインしてみてください。

色によって印象は変わる

ショップカード,POWERSPORTS
名刺・ショップカードのデザインは、色使いによって印象が大きく左右されるといっても言い過ぎではありません。名刺交換のタイミングでじっくりと中身の情報を見る時間はないものですし、最初に目に入った名刺の色で、その印象が決まる面が少なくないのです。

また、色にはそれぞれ特徴があり、多くの人が「この色はこんな意味を持つ」というイメージを備えています。

 赤:情熱・エネルギー・生命力
 青:誠実・信頼・クール
 黄色:陽気・明るさ・希望
 緑:安らぎ・自然・素直
 紫:神秘・気高い・ミステリー など

それぞれの色が持つイメージ・印象を考えながらデザインすれば、個性豊かな名刺・ショップカードが完成するのではないでしょうか。

色は自分のイメージを補完してくれる

ショップカード,コワーキングスペース八王子8Beat
色には印象を変えるだけでなく、自分のイメージを補完してくれる役割もあります。例えば自分が親しみやすい性格だった場合、名刺の色は明るいオレンジや黄色にしてみましょう。そうすれば相手が明るくて話しやすそうな印象を持ちやすくなるとともに、イメージの定着につながります。

「私はこんな人間です」とアピールしたくでも、なかなか言葉だけでは伝わりにくい部分があります。自分をより深く、正確に知ってもらうためのひとつの手段としてあるのが、両面フルカラー印刷です。名刺やショップカードの新規作成、または模様替えの際は、クリーンで色鮮やかな仕上がりが期待できる両面フルカラーをぜひ試してください。
格安名刺
プライベートやお子様の安全に役立つ名刺事例はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です